ピリッとブラックペッパーと粉チーズが最高の「アマトリチャーナ」!

グランドメニュー・パスタ

アマトリチャーナ

399円
7.9

8.5/10

食感

8.0/10

見た目

8.0/10

満足感

7.5/10

コストパフォーマンス

7.5/10

プラスポイント

  • ブラックペッパーが効いている
  • 色合いが良い

マイナスポイント

  • 辛く感じる人もいる

レビュー

「アマトリチャーナ」の味の特徴はなんといってもよく効いたブラックペッパーです。

ピリッと辛いブラックペッパーがふんだんに使われており、辛すぎることはないものの、しっかりと味を感じられて美味しいラインを狙った味付けになっています。

 

前作である「アマトリチャーナ ビアンカ」と比べて、味が濃くなっており、前のものに物足りなさを感じていた人にもオススメできる味へと変貌しています。

具材のパンチェッタも相変わらず味がしっかりと付いていて、こちらもブラックペッパーとの相性が良いこともあり大変美味しいです。

 

当然、たっぷりの粉チーズは相変わらず使われており、濃厚な味も失われていません。

むしろブラックペッパーにより粉チーズの味が活かされており、粉チーズの濃厚さがよりアップしているのではないかと思うほど美味しくなっています

 

食感

「アマトリチャーナ」はソースの無いパスタですので、具材とパスタの食感をたっぷりと楽しめます。

前作「アマトリチャーナ ビアンカ」も確かに美味しいパスタでしたが、やはり具材の少なさから物足りなさを感じていました。

しかし「アマトリチャーナ」は具材にトマトが増えており、食感のバリエーションが増加しました。

 

また、リニューアル前と変わらず、パンチェッタや粉チーズはたっぷり入っていますので、トマトが増えた分他が減らされたということも無く、お得感があります。

食感の面ではより楽しめるパスタになったと考えて間違いありません、

 

見た目

前作「アマトリチャーナ ビアンカ」と同様に、白いパスタに、ピンクのパンチェッタ、白い粉チーズ、緑の粉バジルと、シンプルながらバランスが良く綺麗です。

そのうえで赤いトマトも追加され彩はさらにレベルアップしました。

しっかりと見た目から食欲をそそるようなパスタに仕上がっています。

 

ただし、思っているほどにはトマトが乗っていませんので、トマトが増えた分見栄えが豪華に感じるかと聞かれると、あまり感じないと答えざるを得ません。

確かに色合いとしては増えたのですが、豪華さを感じさせるほどではありません。

 

満足感

「アマトリチャーナ」はパスタの食感をしっかり楽しむことが出来、味は粉チーズとブラックペッパーがしっかりと効いてており、トマトとパンツェッタという具まで付いています。

満足感は十分にあると言えるでしょう。

他のパスタと比較しても負けず劣らず素晴らしいパスタに仕上がっています。

完成度も高いですし、多くの人が満足できるものになっています。

 

コストパフォーマンス

前作「アマトリチャーナ ビアンカ」は399円で味や見た目、匂いの面で素晴らしいと評しました。

今回の「アマトリチャーナ」は味や見た目の面ではレベルアップを果たし、その他の部分は据え置きとなりました。

それなのにもかかわらず価格が399円であるため、コストパフォーマンスは非常に高いと言わざるを得ません。

改良され、より美味しいパスタに仕上がったうえで価格は据え置きです。

味や見た目の面でのレベルアップを考えると非常にコストパフォーマンスが高いです。

 

アレンジ

「アマトリチャーナ」はブラックペッパーがしっかりと効いているため、塩の出番はないでしょう。

もう少しブラックペッパーが効いていない状態でなら塩を使う意味もありますが、「アマトリチャーナ」はしっかりとブラックペッパーが効いているため塩を使う必要性を感じません。

どうしても味が薄く感じる時だけにしましょう。

 

粉チーズ

やはり「アマトリチャーナ」には粉チーズが最もよく合います。

 

粉チーズを振りかけて混ぜずに食べることで濃厚な粉チーズの味を堪能することが出来ます。

逆に、しっかりと混ぜ合わせるとパスタと調和したしっとりとした粉チーズの味を堪能することが出来ます。

どちらも非常に美味しく、二種類の美味しさを堪能することが出来ます。

 

唐辛子フレーク

唐辛子フレークは「アマトリチャーナ」とあまり合いません。

「アマトリチャーナ」はピリッと来るブラックペッパーが効いているので、同じくピリッと来るタイプの唐辛子フレークは相性が良くありません。

味同士がぶつかり合ってしまいます

 

タバスコ

タバスコも「アマトリチャーナ」とは相性が良くありません。

唐辛子フレークと同じく、タバスコの味は「アマトリチャーナ」の味とぶつかり合ってしまいます。

本来の「アマトリチャーナ」の味が消えてしまうのもタバスコを使うデメリットです。

 

オリーブオイル

オリーブオイルは「アマトリチャーナ」との相性が良いです。

ブラックペッパーがよく効いている分、オリーブオイルを多少かけたところで味が消えることはありません。

むしろしっかりとしたブラックペッパーの味が引き立ち、香りも良くなります

かけ過ぎは良くありませんが、適度ならより美味しくなります。

 

総評

全体的に「アマトリチャーナ」は前作の「アマトリチャーナ ビアンカ」を大きく超えています。

味は濃くなり、メリハリもついています。

トマトが増えたことで、食感や見た目もグレードアップしています。

価格は399円と低価格でありながら全体的にレベルが高く、前作よりも完成度が上がっています

そのような点から考えても間違いなく試してみる価値があります。

前作を食べたことがある人も今作の「アマトリチャーナ」を改めて食べてみると良いでしょう。

コメント