圧倒的な濃厚さが魅力の「バッファローモッツァレラのピザ」!

グランドメニュー・ピザ

バッファローモッツァレラのピザ

499円
8.3

9.0/10

食感

9.0/10

見た目

8.5/10

満足感

8.0/10

コストパフォーマンス

7.0/10

プラスポイント

  • チーズの味が濃厚
  • モチモチ食感
  • 見た目の完成度が高い

マイナスポイント

  • 価格設定が高め

レビュー

「バッファローモッツァレラのピザ」は驚くほどの濃厚さが魅力のピザです。

「マルゲリータピザ」もチーズの味がしっかりしていて美味しく、Wチーズにすると濃厚さが増します。

しかし「バッファローモッツァレラのピザ」のピザはその「マルゲリータ」Wチーズすら凌駕するほどの濃厚さを備えているのが最大の特徴です。

 

ただチーズの味が濃厚というわけではなく、チーズに含まれているミルクの味をしっかりと感じ取れるほど繊細で濃厚な味に仕上がっています。

濃厚さの中にミルクの味が濃縮されており、大変美味しく感じます。

 

もちろんチーズが素晴らしいだけではなく、チーズとトマトの相性も抜群です。

 

食感

「バッファローモッツァレラのピザ」の食感は驚くほどモチモチです。

「マルゲリータピザ」のWチーズと同等かそれ以上の弾力感を誇ります。

 

Wチーズにしなくても満足できるチーズ量なのでチーズ好きにはたまらないはずです。

口の中に広がるモチモチとした食感は一度食べたら病みつきになること間違いなし

チーズの食感を最も楽しめるのは間違いなく「バッファローモッツァレラのピザ」です。

 

見た目

「バッファローモッツァレラのピザ」は見た目もかなりの完成度になっています。

焦げ目のついた生地に、真っ赤なトマトソース、その上にふんだんに盛られたチーズ。

これらが最高に食欲をそそります。

 

余計な具材は一切使われていません。

シンプルでありながら食欲をそそる素晴らしい見た目になっています。

 

満足感

味がとても濃厚で美味しく、食感もモチモチで食べ応えがあり、満足感はかなり高いです。

チーズの量が多いため見た目的にも豪華に見えます。

味・食感・見た目のどれをとっても高レベルであるためチーズ好きであれば間違いなく満足できます。

 

「マルゲリータピザ」のWチーズを注文するか「バッファローモッツァレラのピザ」を注文するかで悩むことがありますが、濃厚さや食感では「バッファローモッツァレラのピザ」が少し上回っています

結果的に満足度も「バッファローモッツァレラのピザ」の方が高いです。

 

コストパフォーマンス

「バッファローモッツァレラのピザ」をコストパフォーマンスから考えると、味や食感が価格に見合っているため、十分なコストパフォーマンスがあると感じます。

 

しかし他のピザメニューの価格が399円が多いのに対し、「バッファローモッツァレラのピザ」は499円です。

この100円の差をどのようにとらえるかでコストパフォーマンスの感じ方は大きく変わります。

チーズのために100円を払えると感じる人にとってはコストパフォーマンスは高いです。

 

アレンジ

「バッファローモッツァレラのピザ」のアレンジ方法として塩を使うのは好みが分かれます

 

元々チーズには塩分が豊富に含まれているため、少しの塩でもしょっぱさを感じてしまう可能性があります。

一方で本当に少量であればチーズの旨味を引き立ててくれる効果もあります。

 

粉チーズ

「バッファローモッツァレラのピザ」に粉チーズは邪道と言わざるを得ません。

 

確かに粉チーズを使うことでチーズ感は増加しますが、「バッファローモッツァレラのピザ」のチーズが持つ本来の美味しさを損なってしまうように感じます。

やはり「バッファローモッツァレラのピザ」のようにチーズが主体なメニューでは粉チーズは使わず、別のアレンジ方法を採る方が良いと思います。

 

唐辛子フレーク

唐辛子フレークと「バッファローモッツァレラのピザ」の相性はそれなりに良いです。

 

ピリッと来る唐辛子フレークは「バッファローモッツァレラのピザ」の濃厚な味と見事にマッチします。

ピザと辛い系調味料の組み合わせはタバスコが鉄板ですが、「バッファローモッツァレラのピザ」においては唐辛子フレークも十分選択肢に入ります。

 

タバスコ

ピザメニューのアレンジ方法として王道のタバスコはもちろん「バッファローモッツァレラのピザ」にも合います。

 

濃厚なチーズにズシンと来る辛さがマッチしていてとても美味しいです。

タバスコをかけることで味が引き締まるのもタバスコを使うメリットです。

 

「バッファローモッツァレラのピザ」のチーズはほんのりと甘いため、辛い調味料との相性は抜群で、唐辛子フレークのピリッと感かタバスコのズシッと感かで好みが分かれそうです。

 

オリーブオイル

やはりオリーブオイルも「バッファローモッツァレラのピザ」との相性が良いです。

 

オリーブオイルを使うことでピザがしっとりとし食べやすくなるばかりか、チーズの味が際立ちます。

また風味や香りも爽やかなものに変化しますし、見た目的にもグレードアップします。

元々オリーブオイルとピザの相性は良いですが、それは「バッファローモッツァレラのピザ」も同じようです。

 

総評

「バッファローモッツァレラのピザ」は味と食感が素晴らしく、見た目も食欲をそそるものになっています。

価格こそ499円と少し高めの設定ですが、十分注文してみる価値はあります。

 

「バッファローモッツァレラのピザ」は「マルゲリータピザ」と見た目が似ており、100円高いためあまり注文する気にならないかもしれません。

しかし味や食感の面では「マルゲリータピザ」を凌駕するので、「マルゲリータピザ」が好きな人にほど食べてもらいたいメニューです。

 

「バッファローモッツァレラのピザ」を注文するのか、「マルゲリータピザ」のWチーズを注文するのかは完全に好みの問題です。

一度両方を食べ比べて、どちらが自分の好みにあっているのか確かめるのも良いと思います。

コメント