強烈な塩味と見た目が魅力の「真イカとアンチョビのピザ」!

グランドメニュー・ピザ

真イカとアンチョビのピザ

399円
7.7

7.5/10

食感

8.5/10

見た目

7.5/10

満足感

7.0/10

コストパフォーマンス

8.0/10

プラスポイント

  • 豪華さの割りに低価格
  • 具の量が多い
  • 塩味が効いている

マイナスポイント

  • 好き嫌いが分かれる
  • 塩味が濃すぎる

レビュー

「真イカとアンチョビのピザ」は真イカとアンチョビがメインのピザです。

ピザの上に散りばめられているこの二種類の具が強烈な味を演出しています。

特に強烈な味をしているのがアンチョビです。

 

「真イカとアンチョビのピザ」からは衝撃的な塩味を感じることが出来ます。

サイゼリヤの全メニューの中で圧倒的に塩味が強いのが特徴です。

 

アンチョビの塩味は真イカとの相性もばっちりであり、チーズとの相性も抜群です。

塩味があまりにも強すぎるため、アンチョビだけを食べるのは厳しいですが、ピザ生地やチーズ、真イカと一緒に食べることで、塩味を軽減し、調整することが出来ます。

ただ、あまりにも塩味が強烈すぎるため好き嫌いが分かれてしまう可能性が高いです。

 

食感

「真イカとアンチョビのピザ」において味の主役がアンチョビならば、食感の主役は真イカと言えるでしょう。

 

「真イカとアンチョビのピザ」には弾力があり、噛みごたえのあるリング状の真イカがいくつもトッピングされています。

チーズのふわっと食感と真イカの噛みごたえ、これらの相性が良く、美味しいです。

 

アンチョビはあまり食感がなく、チーズや真イカがどうしても目立ってしまいます。

しかし、味のアンチョビ、食感の真イカと役割がしっかり分かれていることもあり、それぞれの美味しさをしっかりと楽しむことが出来ます。

ただし、味と同じく、この食感も人を選んでしまう可能性が高いです。

 

見た目

「真イカとアンチョビのピザ」はメニュー写真に負けず劣らず、豪華な見た目に仕上がっています。

通常のピザ生地にたっぷりのチーズ、その上に黒のアンチョビと白紫の真イカがちりばめられています。

 

色合いもさることながら、具の多さが豪華さを演出するのに一役買っているのは間違いありません。

食べる前から、見た目で楽しむことが出来ます。

 

399円で注文することが出来るピザとは思えないほどの具材の量と鮮やかな見た目が食欲をそそります。

また、見た目では味の想像がしにくいことから、実際の味と想像の味のギャップを楽しむことも出来ます。

 

満足感

味、食感、見た目、価格を考えれば十分に満足感を感じることが出来ます。

 

ただ何度も言っているように味や食感は好き嫌いが分かれると思われますので、好きと感じる人にとってはそれなりの満足感を感じることが出来るでしょう。

逆に言えば嫌いと感じる人にとっては、一口も食べられない可能性があるほど強烈な味ですので、試すのには少し勇気がいるかもしれません。

 

コストパフォーマンス

強烈な味、充実した食感、豪華な見た目、そのうえで低価格と「真イカとアンチョビのピザ」はコストパフォーマンスにすぐれたピザと言えます。

他のピザメニューとは違った異色のピザということもあり、敬遠する人は最後まで敬遠するでしょうし、興味のある人は早々に試してしまいそうなメニューです。

 

399円という価格はピザメニューの中では最安値の部類に入ります。

それなのにもかかわらず強烈な味と豪華な見た目を楽しむことが出来るため、注文の価値ありです。

気に入ればこれほどコストパフォーマンスに優れたメニューも多くはないでしょう。

 

アレンジ

「真イカとアンチョビのピザ」は塩味が非常に強いピザです。

それゆえに塩を使うのは絶対に避けた方が良いです。

 

元々とてつもないしょっぱさがある「真イカとアンチョビのピザ」に塩をかけると、しょっぱさがさらにアップし、とても食べられたものではないです。

塩分濃度もかなり高いので避ける方が良いです。

 

粉チーズ

「真イカとアンチョビのピザ」はチーズの風味もしっかりと入っています。

それでも物足りないという人は粉チーズを使うのも手です。

 

基本的には塩分が多く味が濃いため、粉チーズを足す必要はないですが、足したからと言って不味いということはありません。

むしろ人によっては好みの味になることもありますので、一度試してみても良いと思います。

 

唐辛子フレーク

「真イカとアンチョビのピザ」と唐辛子フレークの相性はそれほど悪くはありません。

そもそも海鮮系の具材とピリッと辛い唐辛子の相性が良いため、不味くなることはまずありません。

 

不安材料としては「真イカとアンチョビのピザ」の塩分に唐辛子フレークが完敗してしまうということです。

よっぽど多く使用しない限り、「真イカとアンチョビのピザ」が持つ塩味に勝つことは出来ません。

かといって唐辛子フレークを使いすぎるのも味のバランスが悪くなってしまいます。

 

「真イカとアンチョビのピザ」と唐辛子フレークのバランスを上手く保てれば美味しく食べることが出来ます

 

タバスコ

「真イカとアンチョビのピザ」とタバスコはあまり相性が良いとは言えません。

 

というのもタバスコとピザの組み合わせは鉄板ですし美味しいのですが、タバスコの強烈な辛さと「真イカとアンチョビのピザ」の強烈な塩味がぶつかってしまうのです。

上手く混ざり合えば美味しいとは思うのですが、どちらも強すぎて混ざり合うことがないので、基本的にタバスコは使わない方が良いかと思います。

 

オリーブオイル

「真イカとアンチョビのピザ」で最もしやすいアレンジ方法はオリーブオイルの使用でしょう。

 

オリーブオイルは「真イカとアンチョビのピザ」の塩味をマイルドにしてくれます。

あまりにも塩味が強すぎて食べられないという人はオリーブオイルを使ってみると食べられるかもしれません。

 

総評

「真イカとアンチョビのピザ」は強烈な味、しっかりとした食感、豪華な見た目、低価格と少し変わったピザです。

それゆえに好みが分かれてしまうことは間違いありません。

そのためシェアしにくいという側面もあります。

 

しかしこの強烈な味や食感は一度ハマると何度も頼みたくなってしまうものでもあります。

食べられない人は全く食べられないし、食べられる人はとことん食べたくなるメニューです。

普通のピザに飽きた人は一度変わり種である「真イカとアンチョビのピザ」を注文してみると良いでしょう。

コメント